Archive For: お知らせ

フロリアノポリス

mapa-de-floripa

私たちが滞在している街、フロリアノポリス。DINIZ COFFEEを開業する少し前まで、この街に住んでいました。
ブラジル南部、サンタカタリーナ州の州都フロリアノポリスは、40以上のビーチに恵まれた島です。2009年のニューズウィーク誌で『最もダイナミックな10都市』の一つに選ばれたこともあり、人気がある都市です。
下の写真は、島のシンボルともいえる橋、Hercilio Luz。1926年に開通し、1982年までの56年間利用されていました。今はフロリパ(フロリアノポリスの愛称)のシンボルとして親しまれ、交通手段としては隣に造られた橋が利用されています。橋の長さが約800mということから分かるように、ブラジル本土からすぐ近くにある島です。

p1050711

海に囲まれているフロリアノポリスは、海沿いにサイクリングやウォーキングができる上の写真のようなスペースが数多くあります。余談ですが、少なくともフロリアノポリスでは、自転車を交通手段に使う人は全くと言っていいほど見かけません。交通手段は車かバスか徒歩。自転車は、休日のサイクリングやスポーツに利用されています。だから、もちろんママチャリもありません。

p1050572

地震のない国だからこそできる建築方法。マンションも全て、レンガを積み上げて建てていきます。初めてみたときは驚きました‼

p1050704

街の中心部にあるMercado Publico(市場)。海に囲まれているので魚介類が豊富です。

mercadopubrico

土日の朝に、街の中心でカポエイラの練習を見かけることがあります。カポエイラとは、ブラジルの伝統的な格闘技。奴隷制度があった頃、様々な事を禁止されていた奴隷達が、音楽にあわせダンスにカモフラージュしながら練習してた格闘技、護身術が元になってできたと言われています。

capoeira

レストラン等の出入口に必ずと言っていいほど準備されている『カフェジーニョ(cafezinho)』。ホットコーヒーです^^
砂糖入り・砂糖なしでポットに準備されているパターンがほとんど。ブラジル人は、このカフェジーニョが大好き‼レストラン以外にも、病院や美容室などいろいろな場所に準備されています。

p1050390

今回のフロリアノポリス滞在の目的が観光ではなかったので、掲載できる写真があまりないのが残念ですが、大好きな街です。
下の写真は友人が撮った写真。(http://www.floripahub.com/) 夜のフロリアノポリスです。

floripa

 

カカオ‼

p1050743

スーパーマーケットで見つけたカカオの実‼‼‼
パパイヤ程度の大きさだと思っていましたが、思っていた以上に大きかったです。

p1050744

実が硬くて、皮も厚いので、切るには結構力が要りました。かぼちゃを切る感じ…と言ったら想像がつくでしょうか。
香りは、甘くてとても上品‼ メロンを想わせるるような爽やかさ、微かにナッツを想わせる感じも。

p1050749

実を一粒口に入れ、種の周りについている果肉を食べてみました。
想像以上に甘くて美味しい‼ 果肉がとても薄いライチを食べている感じです。果肉が薄くて種から剥がれにくかったので、少し食べにくかったですが、美味しくて一粒では物足りませんでした(笑)

この種の部分を焙煎してチョコレートが出来上がっていく工程を想像すると、なんだかワクワクしますね‼…

 

デパート内のコーヒーショップ

p1050538

ブラジル人もカフェが大好き‼ デパート内にも数多くのカフェがあります。
本日紹介するのは、海沿いにあるBeira Marショッピングセンター内のカフェから3店舗。

p1050537

ホールケーキを切り売りするスタイルが主流でしたが、数年前から一人用の大きさでの販売が増えてきました。
1段目と2段目のスイーツは、一人用サイズのスイーツ。一番下の段には、ホールケーキの切り売りスタイルのケーキ↓↓↓

p1050531

ショッピングセンターの中央部分にオープンしたこちらのカフェ。平日の19:00頃。満席でした↓↓↓

p1050530

3店舗目。ペリは、ショーケースを見学中。3店舗とも、提供されているコーヒーはエスプレッソ又はカプチーノ。スイーツとサンドイッチ&塩気のあるパンが並んでいました。

p1050533

 

ブラジルのコーヒーショップ 1

p1050705

フロリアノポリスのダウンタウンにある老舗のコーヒーショップ↑↑↑

p1050627

Continenteショッピングセンター内にある可愛らしい雰囲気のコーヒーショップ↑↑↑

p1050604

こちらも、Continenteショッピングセンターにあるコーヒーショップ。同市に数店舗あるこの店は、コーヒーの焙煎もしているそう。工房も訪ねたかったのですが、行けませんでした↑↑↑

p1050424

少し離れた街(クリチバ)のデパートにあるコーヒーショップ。エスカレーター下の空間が上手く利用されてました↑↑↑

p1050431

ショーケース。

p1050428

アイスカプチーノとアイスチョコレート。スイーツはパイナップルのケーキをいただきました↑↑↑…

 

NUGALI ブラジルのファインチョコレート

nugali_chocolate_2

2つ目に紹介するチョコレートブランドは、『NUGALI(ヌガリ)』。

NUGALIは、サンタカタリーナ州のPomerodeという人口約25,000人の小さな町に工場を持つブランドです。

こちらのチョコレートも日本ではほとんど知られていませんが、ブラジルでは大きな支持を得ながら成長しているブランドです。
全世界から600社以上が参加するチョコレートのイベント『インターナショナル・チョコレート・アワード』では、2016年の『ダークチョコレート・バー』のカテゴリーで銀メダルを受賞‼

NUGALIは、2004年、1組の夫婦によって誕生しました。
当時エンジニアだった夫婦は、出張で海外へ出かける度に「美味しいチョコレートをお土産に買ってきて‼」と友人たちに頼まれていたそう。次第に「自分たちが美味しいチョコレートを作ったら、みんなが喜ぶのでは?!」というアイディアが生まれ、エンジニアからチョコレート職人へと転身したそうです。

NUGALIは、チョコレートバー以外にも、ホットチョコレート、チョコレート・フォンデュ、トリュフなど数多くの商品が作られています。

nugali_chocolate_fondue

私たちが購入したのは…
『ダークチョコレート45%』、『ダークチョコレート70%』、『ダークチョコレート80%』、『ホワイトチョコレート』、『無糖  ダークチョコレート』、『無糖 ダークチョコレート70%』、『チョコレート フォンデュ』など、全9種類。

まだ全てはテイスティングを終えていませんが、いただいたチョコレートは全て口当たりが良く美味しかったです。
70%ダークチョコレートの印象は、ベルベットのようなクリーミーな口当たり、フルーティーさ&カカオの風味&甘味のバランスの良さ、野性のカカオ&ドライバナナを思わせる風味です。45%ダークチョコレートは、シナモン・生カラメル特にバニラを思わせる風味が印象的でした。

こちらも、DINIZ coffee&sweetsで年内に販売を開始できる予定です。どうぞ、お楽しみに‼…

 

AMMA ブラジルのファインチョコレート

amma_chocolate_chocolataria

ブラジル滞在中に、ブラジルの美味しいチョコレートを見つけること‼ そして、DINIZで販売すること‼ これが実現できそうです。

本日紹介するチョコレートブランドは「AMMA(アンマ)」。

日本ではまだあまり知られていないブランドですが、南米ではトップクラスのブランドとして多くのショコラティエから支持されています。2012年のインターナショナル・チョコレートアワーズでは金賞を受賞。パリ発チョコレートの祭典 サロン・デュ・ショコラにも2014年から参加しています。

ところで、「チョコレートといえば…ブラジル‼」と思い浮かべる人は、ほとんどいないと思います。

実は、1980年代まで、ブラジル東北に位置するバイーヤ州はカカオの生産世界一の地域でした。しかし1990年代、カカオの樹を襲った病気により、バイーヤ州のカカオ農家は壊滅的な被害を受けたそうです。農園を手放したり、別の作物を植え始めたりする農家が増える中、150年続くカカオ農園オーナーのディエゴ・バダロ氏は、バイーヤ州でのカカオ生産の可能性を信じ、土地を手放そうとしなかったそうです。そして、2007年、かつてカカオの生産で栄えたこの地域の復活と熱帯雨林の保護を目的に、カカオのオーガニック栽培からチョコレートの生産まで行うブランド「AMMA CHOCOLATE」を立ち上げました。ちなみに、AMMA(アンマ)とは、サンスクリット語で”母=地球”を意味するそうです。

さて、私達がテイスティングしたのは、カカオの分量別シリーズ(30%、45%、50%、60%、75%、85%、100%)の中から、60%と45%のチョコレートバー。このシリーズの原材料は、カカオマス、カカオバター、砂糖のみ。

パッケージを開けた瞬間、カカオバターやフルーティーさを感じさせる香りが広がります。60%チョコレートバーは、ドライバナナ、ドライいちじく、サワークリーム、ラム等を思わせるフルーティーな風味。45%チョコレートバーは、カラメルの風味をほのかに感じる優しい甘味。くちどけも良く、心地よい後味が残ります。

DINIZ coffee&sweetsでも、年内に販売を開始できる予定です。どうぞお楽しみに♪

 …

 

ブラジルのコーヒーショップ GRAOS do Brasil

p1050614

ショッピングセンターContinenteにあるコーヒーショップ「GRAOS do Brasil」 。友人のお気に入りのお店らしく、連れていってもらいました。
ここのお店でも、ブラジル国内のスペシャルティコーヒーを、好みの器具で抽出してくれます。そして、ここでも日本のハリオV60が使われていました‼ 他には、エアロプレス、フレンチプレス、ケメックス、トルコ式のイブリックも。

p1050612

スイーツのショーケース‼

p1050610

ペリは、サンパウロ州モジアナ地区のコーヒーをHARIO60で注文。
ドリッパーがカップに乗った状態で提供され、目の前で抽出していただきました。

p1050622

私は、カプチーノとレモンタルトを注文。

p1050623

7年前と比べて、コーヒーショップの数も増え、質も良くなっっていて、嬉しい限り‼
今でこそコーヒーショップでドリップコーヒーが提供されていますが、少し前までブラジル人にとって「ドリップコーヒー=家で飲むコーヒー」。コーヒーショップで飲むコーヒーといえば、エスプレッソでした。
コーヒー生産世界一を誇るブラジルでのコーヒー文化の変化を感じる日々。しあわせ、一杯‼‼‼

p1050608

FaceBook → Café Grãos Do Brasil …

 

ブラジルの自家焙煎コーヒーショップ LIGHTHOUSE

p1050486

6年ぶりのフロリアにポリス(ブラジル、サンタカタリーナ州)。驚いたのは、自家焙煎のコーヒーショップができていること‼ 6年前、この街にはコーヒー豆を焙煎するショップは一つも存在しなかったのに、現在は4つもあるとのこと。これには驚きました。

本日訪ねたコーヒーショップは、LIGHT HOUSE。

p1050474

提供されているコーヒーは、ブラジル産のスペシャルティコーヒー(この日は4種類)。9種類あるコーヒー器具から好みの器具を選ぶと、その器具にあった豆を選んで抽出してくれます。

p1050507

私達は、ハリオV60とサイフォンで淹れていただきました。

p1050493

そうなんです‼ ここフロリアノポリスでも、日本のハリオが使われています。ドリッパーとフィルターだけでなく、ケトルや量り、サイフォンもハリオ。店頭販売もされています。

p1050500

いただいたコーヒーは、マッチ―ニョ農園とサン・フランシスコ農園のコーヒー。
1杯15レアル(約5ドル)。ブラジル人の平均的なお給料から考えると、高すぎるとは思いましたが、フロリパでも美味しいコーヒーが飲める場所があることは嬉しく思いました。

p1050499

焙煎は2年前から始めたらしく、よく見える場所に2つの焙煎機が置かれています。

p1050477

余談ですが、ブラジル人にとってコーヒーは常にHOT! 最近、アイスコーヒーを提供するコーヒーショップができてきているようですが… ここは、フロリアノポリスで唯一アイスコーヒーを提供しているお店らしいです。

p1050518

ごちそうさまでした!‼‼

LIGHTHOUSE http://www.lighthousecafe.com.br…

 

KASSAI cafe

p1050415

今回のブラジルへの帰省で、どうしても訪ねたかった場所「KASSAI cafe」。私達DINIZ COFFEEの原点とも言える場所です。

KASSAI cafeを経営するカサイさんとの出会いは、私達がブラジルでコーヒーについて学び始めた頃のこと。
サンパウロへコーヒーについて学ぶために旅行した際、焙煎についても学びたくてA社訪ねると、なんと定休日…。滞在日数が足りずにA社を諦め、別の場所を探し始めた時に見つけた場所がKASSAI cafeでした。私達が住んでいたフロリアノポリスの街から約350㎞に会社があると知り、さっそく電話をかけました。「焙煎について学びたい‼」という私達に対して、「コースを受ける前に、まずは会って話がしたい‼」というカサイさん。翌日、二人でKASSAI cafeを訪ねて車を走らせました(笑) 

訪ねたその日にすっかり意気投合し、コ-ヒーについて語り明かした記憶があります。
その後、日を改め、焙煎について学びました。コーヒー農園を巡り、コーヒーショップを巡り、1ヶ月住み込みで多くのことを学ばせてもらいました。
カサイさんのコーヒーに対する熱意と愛情、誠実さ。その姿を見て、「よしッ。夫婦で力を合わせてコーヒーショップを始めよう‼」と決めたのです。

7年ぶりに訪ねたKASSAI cafe。庭にあるコーヒーの樹に、赤く色づいた実がついていました。

p1050396

そして、コーヒーを焙煎しているいい香りも‼

p1050391

別の部屋では、コーヒー豆をふるいにかけ、豆の大きさごとに分ける作業中でした。

この作業は、DINIZでもしています。もちろん、こんなに大きな機械はまだないので、ペリが手動で3段のふるいにかけています。
豆の粒の大きさをそろえる作業が大事なのは、焙煎する時の火の通り具合を揃えるためです。

p1050392

詳しくはまだ書けませんが、いくつかの新しいプロジェクトの案も出てきて、これらが実現できたらきっと面白いはず! 自分達の原点を思い出し、心身ともにエネルギーチャージしたKASSAI cafeでの時間でした。
コーヒーについて語るには短すぎる2泊3日でしたが(笑) カサイさんファミリー、ありがとう‼‼‼

kassai_2016

 

DINIZのスペシャルティコーヒーを楽しめる空間

dinizcoffee

9月5日~10月10日、DINIZのお店は休業させていただいていますが、鹿児島県内外でDINIZのスペシャルティコーヒーを提供してくださるお店があります。素敵な空間&オーナーの皆様をご紹介いたしますので、この機会にぜひ足を運んでみてください‼

【鹿児島市】
Hair&Face Orange : 西田にある髪がきれいになる美容室。落ち着いた空間&素敵なスタッフが迎えてくれます。
住所:鹿児島市西田3-1-6 電話:099-206-7008

Maria cafe : 天文館店パーク通りにある、ローフードを楽しめるお店。ローフードマイスターの資格を持ったオーナーが提案した体に優しくて美味しいメニューの数々が楽しめます。
住所:鹿児島市東千石町18-3 TSビル3階 電話:099-248-9577

カフェ バイク : ご主人とバイク屋を経営されている折田さんが、ご夫妻のバイク屋の隣にオープンしたお店。「自分が大好きな美味しいコーヒーをみなさんに提供したい」と2015年4月に始められた、雰囲気も人柄も温かいお店です。
住所:鹿児島市中山2-1-16 電話:099-266-3547

樫だ珈琲 : 玉里団地の住宅街にある隠れ家的なカフェ。自分のための贅沢な時間を楽しんでいただきたいというオーナーの想いが感じられる空間です。サイトはコチラ→樫だ珈琲
住所:鹿児島市玉里団地3-21-12 電話:099-218-9240

GRoom : 先週(2016/08/31)オープンしたばかりのカフェ。「ホッとできる空間の提供には美味しいコーヒーが不可欠だ」と、私達に相談してくださいました。コーヒーはご注文を受けてから、クレバで丁寧に抽出しています。
住所:鹿児島市山之口町1番10号中央ビル1階 電話:099-295-0592

【熊本県】
アロマスクール西別府 : カイロプラクティック、アロマテラピー、バッチフラワーなどを取り入れた健康法を提案してらっしゃる西別府ご夫妻のサロン。
住所:熊本市中央区西唐人町16番地2階 電話:096-223-5285

【東京都中央区】
SHARES