Archive For: DINIZのCOFFEE

ブラジルの緑の金‼ 販売スタート

やっと見つかりそうです!

約2年間、素晴らしいコーヒー豆との出会いが困難でした。気候の問題やコーヒーの樹のサビ病の影響などによるものです。

そして今年、美味しいコーヒーとの出会いが多い年になりそうな予感がしています。

6月以降、ニュークロップ(新しく収穫された豆)が日本にぞくぞく入荷して来ます。この時期はいろいろなサンプルが届くので、新しい豆のカッピング(試飲)に胸が躍ります。

まず13種類のサンプルが届きました。その中から、今日は7つの豆について紹介します。

今回は、ナチュラル(※)の豆探しから。
———————————————–
※ナチュラルとは…?
精製方法の一つ。収穫したコーヒーの実をそのまま乾燥させた後、脱殻、豆を取り出す方法。独特の香りや甘みがあるコーヒーになる。
———————————————–

さて、届いたサンプルは5つ。ブラジル、タンザニア、グアテマラ、エチオピア、エルサルヴァドールです。
ナチュラルの生産処理方法は、ブラジルとエチオピアでは一般的ですが、タンザニア・グアテマラ・エルサルヴァドールではあまり行われていない方法です。それだけに、興味津々!

さて、気になるカッピング結果。

ブラジルの豆は素晴らしく甘味があって美味しかったです。 エチオピアの豆はフルーティーさはありますが、お酢のような強い酸味がありました…。残りの5つは、残念ながら、あまり美味しくなかったです。 

ナチュラルの生産処理があまり行われていなかった国でも、ナチュラルを作り始めている傾向があるということは、大変興味深いです。ただ、収穫の最後の部分でととれた豆(低品質の豆が多い)をナチュラルの精製処理にまわしている印象を受けたので、残念に感じました。

ということで、取り扱う豆はブラジルに決定!

豆を挽くと広がるウオールナッツのような香り。お湯を注ぐとオレンジの花の香りが辺りに広がります。口に含んだ瞬間に広がるオレンジピールや黒糖、クローブを思わせる風味。カラメルの後味の余韻を楽しめる甘いコーヒーです。

 取り扱いを決めたブラジルの豆は、2014年のカップ・オブ・エクセレンスで優勝したOuro Verde農園の豆。この農園はカップ・オブ・エクセレンスで2度も優勝している農園です。

余談ですが、農園名「Ouro Verde」を直訳するとOuro=金、Verde=緑。「緑の金?」と思われる方も多いでしょう。
昔、まだブラジルで奴隷制度があった頃、大きな農園を持つ人たちは、財産として金を購入していました。金は掘り当てるものですが、掘るのではなく、コーヒーの生豆(緑の豆)を売って金を購入していたことから、OuroVerdeと呼ばれるようになったといわれています。
私たちにとっても、OuroVerdeです(笑) 久々に出会った美味しいブラジルのコーヒー豆だからです♪

今週より販売スタートしたOuroVerde。ぜひ、ジニスカフェにて、そしてご自宅にて、その香りと風味をご堪能ください。

サンプルで届いた残り6つのコーヒーについては、次の記事で紹介します。

写真は、美味しい豆の到着を喜んでいるペリ&5ヶ月を迎えた晏祥(ENZO)♪…

 

嬉しい結果・残念な結果

Photo

毎年、この時期(4月〜6月)を楽しみにしています。収穫されたばかりの新鮮なコーヒー豆が世界中から日本へ届くからです。

私たちの使命は、日本へ到着した数え切れないほど多くの豆の中から、感動するほど美味しいコーヒー豆を探し出すこと。

今年も、数社から豆のサンプルを取り寄せました。特に関心がある産地は、ケニア、エチオピア、イエメン、パナマ、そしてグアテマラです。

コーヒーを探し出す作業は、毎回、嬉しい結果もあれば残念な結果もあります。嬉しい結果はもちろん大歓迎です。理由は簡単。より美味しい豆をお客様に提供することができるからです。逆に、残念な結果の時は、大きな悩みの種となります。提供中の豆が完売してしまう前に、それに替わる美味しい豆を探し出さなくてないけなません。もし自分たちが求める水準の豆が見つからない場合は、提供するコーヒーの数を減らすことになります。14種類の豆を取り扱っていた翌年、8種類にまで取り扱い数を減らしたこともありました。

さて、今回取り寄せたサンプルですが、昨年から取り扱っている豆で嬉しい結果の豆がありました。ニカラグアの「パカマラ種ピーベリー」と、コロンビアの「スイート&フラワー」です。昨年の豆も甘味があってフルーティーだったのですが、今年は昨年以上に美味しく育ってくれました。

逆に、グアテマラの豆は、去年に引き続き美味しい豆を見つけ出すのに苦戦しています。きっとサビ病のせいではないかと思っています。葉が落ち、コーヒーの樹が弱ってしまうという樹木の病気があるのですが、地球温暖化の影響で、グアテマラの高地でもサビ病にやられてしまったようです。このサビ病、6年前にはコロンビアで流行し、コーヒーの木を全滅させてしまったほどです。6年経ち、やっとコロンビアでも質の良いコーヒー豆が収穫できるようになってきたそうです。

昨日、ケニアとグアテマラから豆のサンプルが届きました。今年は、嬉しい結果の方が多い年になりますように…と願うばかりです。これらの豆については、次回の記事でご報告します。どうぞお楽しみに!

 

コーヒーハンターVOL.17 『マンデリン』

インドネシア 『マンデリン』

久々に入荷したインドネシア、スマトラ島のマンデリン!!!

今回入荷したマンデリンは、スマトラ島北部、標高1200mの小農家から届きました。

久しぶりのマンデリン♪ ワクワクしながらカッピング開始です。

粉を挽くと同時に広がる、心地良い香り。へーゼルナッツやベリーフルーツを想わせます。 そして、もう一つ、ふわぁ~とした感覚の香り… イチゴのウエハースです! 面白い!!!

お湯を注ぐと、フローラルな香りが広がります。オレンジやアプリコットを想わせる香りも感じ取れます。

口に含んでみると…

マンデリンの独特な風味(少し土っぽい感じ)よりも、甘味の方が強い! 柑橘系の酸味が感じられ、グレープフルーツやブラックティーを想わせる後味が口の中に長く続きます。コクがあって美味しい!!!

カッピングの評価は86点。

只今ジニスカフェにてご提供中です! ぜひ、久々にジニスカフェに入荷したマンデリン、味わってみてくださいね!!!

—————————————————————————-

【備考1】コーヒーハンター・プロジェクトのカッピング目的は、豆の価値を見いだすために行っているものなので、焙煎前後に欠点豆の選別作業をした豆を使っています。

【備考2】DINIZ CAFEで取り扱う豆の基準は、85点以上の豆です。…

 

コーヒーハンターVOL.16 『ラ・クプラ』

グアテマラ 『ラ・クプラ』

中米グアテマラ、アンティグア地方に位置するラ・クプラ農園。標高:1,650m~2,100mのエリアで、このコーヒーは生産されています。

品種はブルボン種。栽培方法は日陰栽培。

日陰栽培とは、その名の通り、熱帯林の木陰の下でコーヒーを栽培する伝統的な栽培方法のことです。熱帯林は強い日差しや激しい雨からコーヒーの木を守るだけでなく、土壌の流出を防ぎ、生態系を守るために重要な役割を果たしてくれるのです。

さぁ、カッピングです。

オレンジ、そしてベリーフルーツを想わせる香りも少し感じます。一番強く感じられるのはカラメル。

風味は、アプリコットやハチミツ、オレンジ、そしてカラメルを想わせます。柑橘類を思わせるバランスの良い酸味、オレンジとカラメルの後味が口の中に残り余韻を楽しませてくれます。

カッピング評価は86.5点。

こちらも、現在ジニスカフェにてご提供中です。もちろん、店内とwebにてお豆の販売もしております。ぜひご笑味くださいね。

—————————————————————————-

【備考1】コーヒーハンター・プロジェクトのカッピング目的は、豆の価値を見いだすために行っているものなので、焙煎前後に欠点豆の選別作業をした豆を使っています。

【備考2】DINIZ CAFEで取り扱う豆の基準は、85点以上の豆です。…

 

コーヒーハンターVOL.15 『ロス・ルチャ・ドーレス』

エルサルヴァドール 『ロス・ルチャ・ドーレス』

エルサルバドル共和国、通称エルサルバドルは、中央アメリカ中部に位置するラテンアメリカの共和制国家です。国土面積は21,040km²。日本の四国よりやや大きい程度の国土で、米州大陸部全体で最も小さい国です。

グアテマラと203 km、ホンジュラスと342kmに渡って国境を接し、中米で唯一カリブ海に面していない国でもあります。

エルサルバドル西部に位置するサンタアナ火山山麓のアパネカ地区で、『ロス・ルチャ・ドーレス』は生産されています。

このコーヒー豆の品種は『パカマラ種』という、ジニスカフェでも何度か取り扱ったことのある品種。ブルボン種の突然変異種の「パカス」(Pacas)と「マラゴジッペ」(Maragogype)をかけあわせた品種で、エルサルバドル特有の品種です。

さぁ、お楽しみのカッピング♪

香りは、ラズベリーやアプリコット、ミルクチョコレートを想わせます。

口に含み、飲み干す瞬間に感じるピーチの風味が美味しい! アプリコットやオレンジ、コーヒーブロッサム(コーヒーの花)を想わせてくれます。

余談ですが…

写真にある白い花がコーヒーの花。白い小さな花で、ジャスミンのようないい香りがしますが、楽しめるのはわずか2日ほど。花が一斉に開花すると、農園は雪景色のように真っ白で幻想的です。写真は、ブラジル、サンパウロ州のコーヒー農園にて。

『ロス・ルチャ・ドーレス』のカッピング評価は85.75点。

飲み干した後も、ミルクチョコを想わせる甘味が心地良い余韻を楽しませてくれるコーヒー。現在、ジニスカフェにてご提供中です♪

—————————————————————————-

【備考1】コーヒーハンター・プロジェクトのカッピング目的は、豆の価値を見いだすために行っているものなので、焙煎前後に欠点豆の選別作業をした豆を使っています。

【備考2】DINIZ CAFEで取り扱う豆の基準は、85点以上の豆です。…

 

コーヒーハンターVOL.14 『モンテ・コペイ』

コスタリカ 『モンテ・コペイ』

中央アメリカ南部に位置するコスタリカ共和国。今回届いたお豆は、ナヴァーロ親子が営むエル・アルコン農園から届きました。標高1,850m付近に位置する農園です。

2012年のCOEでは第4位という堂々の結果を残したモンテコペイ。さあ、カッピングです♪

フローラルで、少しオレンジを想わせる香り。甘く優しい香りに心が躍ります!

口に含んでビックリ! 驚くほど軽い口当たりです! 1リットルでも飲んでしまえそうなくらい(笑) 

アプリコットやオレンジを想わせる風味。カラメルを想わせる甘い後味が口に残り、心地良い余韻を感じさせてくれます。デリケートな酸味の質は、乳酸です。

カッピングの評価は86.5点。

コーヒーが苦手な人でも、このコーヒーなら飲みやすいかもしれません。「コーヒーを飲んでみようかな」と思っていらっしゃる方にもおすすめです。

今ではコスタリカを代表するスペシャルティコーヒーとして成長し続けているモンテ・コペイ。ぜひ味わってみてください。

—————————————————————————-

【備考1】コーヒーハンター・プロジェクトのカッピング目的は、豆の価値を見いだすために行っているものなので、焙煎前後に欠点豆の選別作業をした豆を使っています。

【備考2】DINIZ CAFEで取り扱う豆の基準は、85点以上の豆です…

 

コーヒーハンターVOL.13 『グアマ』

ケニア 『グアマ』

今回は、ケニア山の東側、標高は1600-1800mに位置するキリニャガ地区から届いた豆のリポートです。

豆を挽いた瞬間、辺り一面に心地良い香りが広がります。シトラスや赤フルーツを想わせる香りに、何ともうっとり!

風味は、ハチミツやオレンジ、グアバを想わせます。少し冷めると、グアバの風味がグッと強くなり、とてもフルーティー♪ グアバ、そしてカラメルを想わせる甘いアフターテイスト(後味)が口に残り、酸味が美味! (酸の質はリン酸)

カッピングの評価は87.25点。

もちろん、取り扱うことに決定! 入荷は2月を予定しています。どうぞお楽しみに♪

—————————————————————————

【備考1】コーヒーハンター・プロジェクトのカッピング目的は、豆の価値を見いだすために行っているものなので、焙煎前後に欠点豆の選別作業をした豆を使っています。

【備考2】DINIZ CAFEで取り扱う豆の基準は、85点以上の豆です。…

 

コーヒーハンターVOL.12 『ハートマン』

パナマ 『ハートマン』

今回入荷したお豆は、とっても素敵なネーミング♪

『ハートマン』という名前、実はハートマン家が運営している家族経営の農園の名前です。

中米パナマ、カンデラ地区サンタ・クララ、標高1500mに位置する農園は、1940年に創業された農園。ティピカ、ゲイシャ、パチェ、マラゴジーぺ、カツーラの5品種のコーヒー豆を栽培しています。

今回入荷したお豆の品種は、ティピカ。生産処理方法はハニープロセスです。

ハニープロセスとは…?
コーヒー豆(種)の周りには、糖分を含んでいて甘い粘液質があります。その粘液質を一定の割合つけたまま乾燥させる生産処理方法をハニープロセスと呼びます。粘液質を取り除く割合(あるいは全く取り除かない)によって、味に違いが生まれてくるため、除去率をどの割合にするのか決定するにも豊かな経験と高い技術が必要となる生産処理方法です。

さぁ、いよいよカッピング!

お湯を注ぐと、ミルクチョコレートを想わせる甘い香り。

口に含んでからも、ミルクチョコレートを想わせる優しい甘味が続きます。アプリコット、少しリンゴを想わせる風味も感じられます。甘い香りと風味、マイルドで優しいコーヒーです。

カッピングの評価は85.25点。

既にジニスカフェにてご提供中なのですが、お客様方にも大人気! ぜひ一度味わっていただきたいコーヒーです。

—————————————————————————-

【備考1】コーヒーハンター・プロジェクトのカッピング目的は、豆の価値を見いだすために行っているものなので、焙煎前後に欠点豆の選別作業をした豆を使っています。

【備考2】DINIZ CAFEで取り扱う豆の基準は、85点以上の豆です。…

 

コーヒーハンターVOL.11 『ガヤボ』

グアテマラ 『ガヤボ』

中米グアテマラのPlan del Guayabo(プラン・デル・ガヤボ農園)から届いた豆。

標高1675mに位置するガヤボ農園。年間降水量は約1,50mm。このガヤボ農園で日陰栽培されたパカマラ種が今回入荷した豆です。

お湯を注ぐと、アーモンドやマジパンを想わせるアロマ。

余談ですが… 「マジパン」とは、砂糖とアーモンドを挽いて練り合わせたお菓子。ケーキのデコレーションとして人形などを作るのに使われたりします。

心地良いアロマを感じながら口に含むと、優しいフローラルな風味が広がります。アーモンドやシトラスを想わせる風味。優しい酸味も美味です。 

カッピングの評価は85点。ぜひご笑味くださいませ♪

—————————————————————————-

【備考1】コーヒーハンター・プロジェクトのカッピング目的は、豆の価値を見いだすために行っているものなので、焙煎前後に欠点豆の選別作業をした豆を使っています。

【備考2】DINIZ CAFEで取り扱う豆の基準は、85点以上の豆です。…

 

コーヒーハンターVOL.10 『ロス・エンジェルス』

コスタリカ 『ロス・エンジェルス』

コスタリカ共和国(通称コスタリカ)は、中央アメリカ南部に位置する共和制国家。

北にニカラグア、南東にパナマと国境を接し、南は太平洋に、北はカリブ海に面しています。国土は、九州と四国を合わせたほどの広さ (51,100km2)。

コーヒー、バナナ、パイナップル等の生産が盛んな国です。

————————————————

さて、今回焙煎した豆は、ラ・エストレージャ農園の『ロス・エンジェルス』。

ラ・エストレージャ農園は、標高1850-1980m、コスタリカのスペシャルティコーヒーの一大産地タラスエリアに位置します。

コスタリカNO.1のスペシャルティコーヒー作りを目指し努力を重ね、2011年にはカップ・オブ・エクセレンスで1位を受賞した農園です。

この『ロス・エンジェルス』の豆、焙煎直後に一粒食してみたのですが、とても美味しい!!! フレッシュバター&イチゴの風味を感じました。

いよいよカッピング!

挽き立ての粉は、ドルチェ・デ・レイテ(生カラメル)を想わせる甘い香り。アーモンドのような香りも感じます。

お湯を注ぐと、ドルチェ・デ・レイテに加え、ほのかにラズベリーやイチゴを連想させる香り。甘い香りが印象的です。

スプンですくったコーヒーの色がきれいで、思わず写真も撮ったほど。

さて、口に含むと…、ハチミツの様な甘味が口に広がります。オレンジを想わせるシトラスの風味、微かにイチゴのような風味も感じられます。

デリケートな酸味と、口の中で転がるようなまろやかさ。そして、長く口に残るハチミツの様な甘味が心地良い。

カッピングの評価は85.5点。香りとコク、この2項目が少し低い点数でしたが、素晴らしいコーヒーです。

最後に…

以前『セーハ・ド・ボネ』というブラジルの豆を取り扱っていました。際立つ甘味が人気で、すぐに完売。現在は入荷未定の豆です。

この『セーハ・ド・ボネ』を気に入ってくださっていた方々にきっと気に入っていただける豆が、今回の『ロス・エンジェルス』だと思います。ぜひ、ご賞味くださいませ。

—————————————————————————-

【備考1】コーヒーハンター・プロジェクトのカッピング目的は、豆の価値を見いだすために行っているものなので、焙煎前後に欠点豆の選別作業をした豆を使っています。

【備考2】DINIZ CAFEで取り扱う豆の基準は、85点以上の豆です …