Archive For: ブログ

紺屋の白袴

p1050808

日本へ戻ってきて10日。毎朝、コーヒー豆をグラインダーにかける時の心地良い香りと音、コーヒーにお湯を注いでいる時の香りに幸せを感じています♪

ブラジルでもコーヒーを飲んでいましたが、美味しいコーヒーではありませんでした(笑) 毎朝、ペリのお母さまが朝一でコーヒーを淹れてくれていたのですが、コーヒー教室での教材になりそうなほど苦~いコーヒー。それにお砂糖を加えたものが、毎朝ポットに用意されていました。そのコーヒーにたっぷりのミルクを入れて、毎朝飲んでいました(笑)

DINIZのコーヒーを持ってくればよかった‼…と、ペリと二人で大後悔(笑) 

%e3%82%b8%e3%83%8b%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%e7%84%99%e7%85%8e%e6%a9%9f

実は、ペリのお母さまは、コーヒー農家の娘。
お母さまが子どもの頃、農園で収穫したコーヒー豆は、上の写真のような焙煎鍋で炒って飲んでいたそうです。真っ黒に炒った苦~いコーヒーを飲んでいたらしく、「コーヒーは苦くなきゃ‼!私は苦いコーヒーが好き‼」といつも言っています。お土産に持って行ったDINIZのコーヒーも「私の好みは濃~いコーヒー‼これは薄い…」だそうです(笑) もちろん、お母さま以外は「素晴らしく美味しい‼」と喜んで飲んでくれました。

『紺屋の白袴』ということわざがあります。
人の白い袴を紺色に染める紺屋が、染める仕事に忙しく、自分は染めていない白色の袴をはいている。つまり、他人のことにばかり忙しく、自分自身のことに手が回らないことを表現することわざです。

まさに、私達… 世界トップレベルの美味しいコーヒーを提供している私たちが、スーパーの安くて苦~いコーヒーを1か月間飲んでいたという滑稽さ。 次のブラジル旅行には、DINIZのコーヒーを忘れずに持っていこうと思います‼‼

旅行のお供や、ちょっとした手土産に大変人気がある商品の1つ『DINIZのドリップオン・コーヒー』。お湯とカップさえあれば、どこでも美味しいコーヒーが楽しめます。ご希望の方は、ジニスのオンラインショップから、今すぐご購入いただけます。
DINIZドリップオン・コーヒーご購入はコチラ

みなさまも素敵な旅行のお共には、ぜひ美味しいコーヒーを‼…

 

インテリジェンシア・コーヒー

high_line1

ブラジルへの旅の途中に寄ったNYで、どうしても行きたかった場所の1つ。『インテリジェンシア・コーヒー』

シカゴで誕生したインテリジェンシア・コーヒー(Intelligentsia coffee)は、世界のスペシャルティコーヒー界で名をはせるまでに成長したサードウェーブコーヒーを象徴するお店の一つです。 NYにも店舗があると知り、ぜひ1杯飲んでみたかったのです。

私たちが訪ねたのは、The High Lineホテルにあるショップ。ホテル入り口のホールに上品に作られたカウンターがあり、コーヒーを丁寧に淹れてくれます。

p1050274

私たちは外のテラスで、本日のコーヒーとエスプレッソをいただきました。
ビターキャラメルやダークチョコレート、柑橘類を思わせるようなフレーバーが印象的で、エスプレッソの口当たりも大変まろやかでした。

飲み終わってから「どこのコーヒーですか?」と店員さんに尋ねると、その店員さんがたまたま知らなかったのか「美味しかったでしょッ‼」とニッコリ返されてしまいました(笑) はい^^美味しくいただきました‼ ごちそうさまでした♪

p1050279

 

コーヒーのジャム

p1050778

ブラジルのスーパーマーケットで見つけました‼ コーヒーのジャム‼ 好奇心旺盛の私は、もちろん一つ購入せずにはいられません(笑)

p1050781

見た目・香りは、コーヒーゼリーを思い出す感じです。早速フランスパンに付けていただきました♪
とっても不思議な気分。パンを食べているのに、コーヒーの味がする… 私個人的には、パンを食べながらホットコーヒーを飲むスタイルの方が好きかな… ごちそうさまでした♪…

 

フロリアノポリス

mapa-de-floripa

私たちが滞在している街、フロリアノポリス。DINIZ COFFEEを開業する少し前まで、この街に住んでいました。
ブラジル南部、サンタカタリーナ州の州都フロリアノポリスは、40以上のビーチに恵まれた島です。2009年のニューズウィーク誌で『最もダイナミックな10都市』の一つに選ばれたこともあり、人気がある都市です。
下の写真は、島のシンボルともいえる橋、Hercilio Luz。1926年に開通し、1982年までの56年間利用されていました。今はフロリパ(フロリアノポリスの愛称)のシンボルとして親しまれ、交通手段としては隣に造られた橋が利用されています。橋の長さが約800mということから分かるように、ブラジル本土からすぐ近くにある島です。

p1050711

海に囲まれているフロリアノポリスは、海沿いにサイクリングやウォーキングができる上の写真のようなスペースが数多くあります。余談ですが、少なくともフロリアノポリスでは、自転車を交通手段に使う人は全くと言っていいほど見かけません。交通手段は車かバスか徒歩。自転車は、休日のサイクリングやスポーツに利用されています。だから、もちろんママチャリもありません。

p1050572

地震のない国だからこそできる建築方法。マンションも全て、レンガを積み上げて建てていきます。初めてみたときは驚きました‼

p1050704

街の中心部にあるMercado Publico(市場)。海に囲まれているので魚介類が豊富です。

mercadopubrico

土日の朝に、街の中心でカポエイラの練習を見かけることがあります。カポエイラとは、ブラジルの伝統的な格闘技。奴隷制度があった頃、様々な事を禁止されていた奴隷達が、音楽にあわせダンスにカモフラージュしながら練習してた格闘技、護身術が元になってできたと言われています。

capoeira

レストラン等の出入口に必ずと言っていいほど準備されている『カフェジーニョ(cafezinho)』。ホットコーヒーです^^
砂糖入り・砂糖なしでポットに準備されているパターンがほとんど。ブラジル人は、このカフェジーニョが大好き‼レストラン以外にも、病院や美容室などいろいろな場所に準備されています。

p1050390

今回のフロリアノポリス滞在の目的が観光ではなかったので、掲載できる写真があまりないのが残念ですが、大好きな街です。
下の写真は友人が撮った写真。(http://www.floripahub.com/) 夜のフロリアノポリスです。

floripa

 

カカオ‼

p1050743

スーパーマーケットで見つけたカカオの実‼‼‼
パパイヤ程度の大きさだと思っていましたが、思っていた以上に大きかったです。

p1050744

実が硬くて、皮も厚いので、切るには結構力が要りました。かぼちゃを切る感じ…と言ったら想像がつくでしょうか。
香りは、甘くてとても上品‼ メロンを想わせるるような爽やかさ、微かにナッツを想わせる感じも。

p1050749

実を一粒口に入れ、種の周りについている果肉を食べてみました。
想像以上に甘くて美味しい‼ 果肉がとても薄いライチを食べている感じです。果肉が薄くて種から剥がれにくかったので、少し食べにくかったですが、美味しくて一粒では物足りませんでした(笑)

この種の部分を焙煎してチョコレートが出来上がっていく工程を想像すると、なんだかワクワクしますね‼…

 

ブラジルのコーヒーショップ 1

p1050705

フロリアノポリスのダウンタウンにある老舗のコーヒーショップ↑↑↑

p1050627

Continenteショッピングセンター内にある可愛らしい雰囲気のコーヒーショップ↑↑↑

p1050604

こちらも、Continenteショッピングセンターにあるコーヒーショップ。同市に数店舗あるこの店は、コーヒーの焙煎もしているそう。工房も訪ねたかったのですが、行けませんでした↑↑↑

p1050424

少し離れた街(クリチバ)のデパートにあるコーヒーショップ。エスカレーター下の空間が上手く利用されてました↑↑↑

p1050431

ショーケース。

p1050428

アイスカプチーノとアイスチョコレート。スイーツはパイナップルのケーキをいただきました↑↑↑…

 

NUGALI ブラジルのファインチョコレート

nugali_chocolate_2

2つ目に紹介するチョコレートブランドは、『NUGALI(ヌガリ)』。

NUGALIは、サンタカタリーナ州のPomerodeという人口約25,000人の小さな町に工場を持つブランドです。

こちらのチョコレートも日本ではほとんど知られていませんが、ブラジルでは大きな支持を得ながら成長しているブランドです。
全世界から600社以上が参加するチョコレートのイベント『インターナショナル・チョコレート・アワード』では、2016年の『ダークチョコレート・バー』のカテゴリーで銀メダルを受賞‼

NUGALIは、2004年、1組の夫婦によって誕生しました。
当時エンジニアだった夫婦は、出張で海外へ出かける度に「美味しいチョコレートをお土産に買ってきて‼」と友人たちに頼まれていたそう。次第に「自分たちが美味しいチョコレートを作ったら、みんなが喜ぶのでは?!」というアイディアが生まれ、エンジニアからチョコレート職人へと転身したそうです。

NUGALIは、チョコレートバー以外にも、ホットチョコレート、チョコレート・フォンデュ、トリュフなど数多くの商品が作られています。

nugali_chocolate_fondue

私たちが購入したのは…
『ダークチョコレート45%』、『ダークチョコレート70%』、『ダークチョコレート80%』、『ホワイトチョコレート』、『無糖  ダークチョコレート』、『無糖 ダークチョコレート70%』、『チョコレート フォンデュ』など、全9種類。

まだ全てはテイスティングを終えていませんが、いただいたチョコレートは全て口当たりが良く美味しかったです。
70%ダークチョコレートの印象は、ベルベットのようなクリーミーな口当たり、フルーティーさ&カカオの風味&甘味のバランスの良さ、野性のカカオ&ドライバナナを思わせる風味です。45%ダークチョコレートは、シナモン・生カラメル特にバニラを思わせる風味が印象的でした。

こちらも、DINIZ coffee&sweetsで年内に販売を開始できる予定です。どうぞ、お楽しみに‼…

 

AMMA ブラジルのファインチョコレート

amma_chocolate_chocolataria

ブラジル滞在中に、ブラジルの美味しいチョコレートを見つけること‼ そして、DINIZで販売すること‼ これが実現できそうです。

本日紹介するチョコレートブランドは「AMMA(アンマ)」。

日本ではまだあまり知られていないブランドですが、南米ではトップクラスのブランドとして多くのショコラティエから支持されています。2012年のインターナショナル・チョコレートアワーズでは金賞を受賞。パリ発チョコレートの祭典 サロン・デュ・ショコラにも2014年から参加しています。

ところで、「チョコレートといえば…ブラジル‼」と思い浮かべる人は、ほとんどいないと思います。

実は、1980年代まで、ブラジル東北に位置するバイーヤ州はカカオの生産世界一の地域でした。しかし1990年代、カカオの樹を襲った病気により、バイーヤ州のカカオ農家は壊滅的な被害を受けたそうです。農園を手放したり、別の作物を植え始めたりする農家が増える中、150年続くカカオ農園オーナーのディエゴ・バダロ氏は、バイーヤ州でのカカオ生産の可能性を信じ、土地を手放そうとしなかったそうです。そして、2007年、かつてカカオの生産で栄えたこの地域の復活と熱帯雨林の保護を目的に、カカオのオーガニック栽培からチョコレートの生産まで行うブランド「AMMA CHOCOLATE」を立ち上げました。ちなみに、AMMA(アンマ)とは、サンスクリット語で”母=地球”を意味するそうです。

さて、私達がテイスティングしたのは、カカオの分量別シリーズ(30%、45%、50%、60%、75%、85%、100%)の中から、60%と45%のチョコレートバー。このシリーズの原材料は、カカオマス、カカオバター、砂糖のみ。

パッケージを開けた瞬間、カカオバターやフルーティーさを感じさせる香りが広がります。60%チョコレートバーは、ドライバナナ、ドライいちじく、サワークリーム、ラム等を思わせるフルーティーな風味。45%チョコレートバーは、カラメルの風味をほのかに感じる優しい甘味。くちどけも良く、心地よい後味が残ります。

DINIZ coffee&sweetsでも、年内に販売を開始できる予定です。どうぞお楽しみに♪

 …

 

ブラジルのコーヒーショップ GRAOS do Brasil

p1050614

ショッピングセンターContinenteにあるコーヒーショップ「GRAOS do Brasil」 。友人のお気に入りのお店らしく、連れていってもらいました。
ここのお店でも、ブラジル国内のスペシャルティコーヒーを、好みの器具で抽出してくれます。そして、ここでも日本のハリオV60が使われていました‼ 他には、エアロプレス、フレンチプレス、ケメックス、トルコ式のイブリックも。

p1050612

スイーツのショーケース‼

p1050610

ペリは、サンパウロ州モジアナ地区のコーヒーをHARIO60で注文。
ドリッパーがカップに乗った状態で提供され、目の前で抽出していただきました。

p1050622

私は、カプチーノとレモンタルトを注文。

p1050623

7年前と比べて、コーヒーショップの数も増え、質も良くなっっていて、嬉しい限り‼
今でこそコーヒーショップでドリップコーヒーが提供されていますが、少し前までブラジル人にとって「ドリップコーヒー=家で飲むコーヒー」。コーヒーショップで飲むコーヒーといえば、エスプレッソでした。
コーヒー生産世界一を誇るブラジルでのコーヒー文化の変化を感じる日々。しあわせ、一杯‼‼‼

p1050608

FaceBook → Café Grãos Do Brasil …

 

ブラジルの自家焙煎コーヒーショップ LIGHTHOUSE

p1050486

6年ぶりのフロリアにポリス(ブラジル、サンタカタリーナ州)。驚いたのは、自家焙煎のコーヒーショップができていること‼ 6年前、この街にはコーヒー豆を焙煎するショップは一つも存在しなかったのに、現在は4つもあるとのこと。これには驚きました。

本日訪ねたコーヒーショップは、LIGHT HOUSE。

p1050474

提供されているコーヒーは、ブラジル産のスペシャルティコーヒー(この日は4種類)。9種類あるコーヒー器具から好みの器具を選ぶと、その器具にあった豆を選んで抽出してくれます。

p1050507

私達は、ハリオV60とサイフォンで淹れていただきました。

p1050493

そうなんです‼ ここフロリアノポリスでも、日本のハリオが使われています。ドリッパーとフィルターだけでなく、ケトルや量り、サイフォンもハリオ。店頭販売もされています。

p1050500

いただいたコーヒーは、マッチ―ニョ農園とサン・フランシスコ農園のコーヒー。
1杯15レアル(約5ドル)。ブラジル人の平均的なお給料から考えると、高すぎるとは思いましたが、フロリパでも美味しいコーヒーが飲める場所があることは嬉しく思いました。

p1050499

焙煎は2年前から始めたらしく、よく見える場所に2つの焙煎機が置かれています。

p1050477

余談ですが、ブラジル人にとってコーヒーは常にHOT! 最近、アイスコーヒーを提供するコーヒーショップができてきているようですが… ここは、フロリアノポリスで唯一アイスコーヒーを提供しているお店らしいです。

p1050518

ごちそうさまでした!‼‼

LIGHTHOUSE http://www.lighthousecafe.com.br…