AdobeStock_124989934_Edited_800px

ドリップコーヒー

 

プロの技術と知識をマスターする

自分で淹れるコーヒーに満足していますか。美味しいコーヒーを淹れる時にいくつか気を付ける事があります。あなたもプロの技術と知識で美味しいコーヒーを淹れられます。コーヒーが美味しく作れない理由を全て発見し、最高のドリップコーヒーを淹れるための簡単なテクニックを学びます。今後、苦い・酸っぱい・美味しくないコーヒーを二度と飲む必要がなくなります。

初めに、

あなたの毎朝の日課がコーヒーカップ1つ、または2つで始まる場合、きっと美味しいコーヒーを淹れるコツを追求していることでしょう。すでに、有名なコーヒーチェーンの人気のあるコーヒーブランドや豆を試した事もあるかもしれません。それでも、満足できていませんか?コーヒーのプロでなくても、美味しいコーヒーを淹れることは可能です。実際、コーヒーを淹れるにはお湯とコーヒーこの二つの材料だけが必要なのですから。さぁ、「美味しいコーヒーを淹れる秘訣」は何でしょう?この記事では、美味しいコーヒーを淹れるためのコツやヒントを探っていきます。一緒に探って、美味しいコーヒーを楽しみましょう。

ドリップコーヒーの淹れ方

Drip Coffee is a Very Simple Beverage

ドリップコーヒーはシンプルな飲み物です

ドリップコーヒーは、コーヒーの粉にお湯を浸透させてつくるシンプルな飲み物です。 お湯は、コーヒー豆に閉じこめられた「美味しさ」を溶かしだし抽出してくれます。 溶かしだされた物質はコーヒーに豊かな香りと風味をもたらしてくれます。美味しいドリップコーヒーを淹れるにあたって、2つの問題点について探ってみましょう。

The Most Important Thing is…

一番大事なのは・・・

1つ目の問題は、ごく少数のコーヒー豆だけが本当に美味しいということです。全世界で生産されるコーヒーの5%だけが本当に品質が良い豆です。しかし、本当に美味しいコーヒーを飲みたいのなら、全体の僅か1%未満しか生産されていない最高の風味を持つ豆を探さなければなりません。このようなコーヒー豆はとても貴重で、世界中から注文が殺到しています。よって、手に入れることはとても難しいのです。また、コーヒー豆の美味しい風味と甘さに命を与えるには、正しい方法で焙煎しなければなりません。さらに、焙煎したての新鮮なコーヒー豆を使うことです。コーヒー豆は、焙煎3日後が最も美味しく、その後2週間以内に消費するのが最善です。 ここに、美味しいコーヒーを淹れる1つ目のポイントがあります。新鮮で、質の良い、素晴らしい風味のコーヒーを使うことです。美味しいコーヒーが飲みたくても、安さだけを求めた質の悪い豆や、古い豆を使っているのであれば、淹れ方について学ぶ時間とお金の無駄です。後ほど、驚くほど美味しいコーヒー豆の見つかる場所をお教えしましょう。ただし、もうしばらく読み続けてください。

ドリップコーヒーの淹れ方
ドリップコーヒーの淹れ方

Be Carefull With These Things

これらのポイントに注意してください

さて、解決しなければいけない2つ目の問題は、カフェインなどの不快な物質の抽出を最小限に抑え、できるだけ多くの美味しさの成分を引き出さなければならないということです。そのためには、抽出プロセスをコントロールする必要があります。 これが、美味しいコーヒーを淹れるための第2のポイントです。抽出プロセスをマスターするには、5つ要素をコントロールする必要があります。1)お湯の温度 2)抽出時間 3)コーヒーの粉の細かさ 4)水とコーヒーの分量比 5)お湯の注ぎ方 この5つについて少し話してみましょう。

Should I Use Boiling Water or Not?

沸騰したお湯を使うべき?

コーヒーを淹れる理想的な水温については多くの議論があります。 92~96℃のお湯を使用するのが一番いいとされています。 なぜなら、コーヒー豆に閉じ込められている美味しさの成分が、雑味(本来の美味しさを損なう不純な味)より早く水中に溶け出すのが、ちょうどその温度範囲だからです。目安は、ケトルの下から大きな泡が出始める時です。この温度で淹れると、雑味のない美味しいコーヒーが出来上がります。 次は、抽出時間がどのようにコーヒーの美味しさに影響を与えるか、探ってみましょう。

ドリップコーヒーの淹れ方
ドリップポット

This One Thing Will Make Your Job Easier

この一つのことで全てが簡単になります

コーヒーの雑味やえぐみは、美味しさの成分より水中に溶け出しにくいですが、抽出に時間をかけすぎると全ての成分が均等に溶け出してしまいます。美味しい成分も美味しくない成分も等しく溶けだしててしまう結果、美味しさが半減してしまいます。美味しい成分はなるべく多く、美味しくない成分はできるだけ少なく抽出する時間を知る必要があります。また、最高の結果を得るためには、1杯分ずつ淹れることもポイントです。一度に多くのコーヒーを作れば作るほど抽出時間が長くなり、雑味やえぐみが溶けだしてしまいます。 お湯を注ぐ速度をコントロールすることで、抽出時間もコントロールすることができます。 注ぎ口が細いケトル(やかん)を使うことです。これだけで、お湯の量を上手くコントロールでき、結果、抽出時間もコントロールすることができます。 さて、私たちが選ぶドリッパーがコーヒーの流出と味にどのような変化を与えるか話してみましょう!

Just One Hole, But It Must Be Big Enough

ちょうどいい穴の大きさは…

ドリッパーとは、内側にセットしたフィルターの中にコーヒーの粉を入れ、熱湯を注いでコーヒーを抽出する道具です。できるだけスムーズにコーヒーがフィルターから落ちるために十分な大きさの穴があるドリッパーが必要となります。小さな穴が1つ、2つ、または3つある台形のドリッパーでは、残念ながらうまくいきません。 この種のドリッパーは、コーヒーがスムーズに流出することを妨げるため、お湯が長い時間滞ってしまいます。そのため、たとえ質の良い美味しいコーヒー豆を使ったとしても、雑味やえぐみなど望ましくない苦味があるコーヒーができてしまいます。おすすめのドリッパーは、大きめの穴が一つあるもの。代表的なものは、Hario V60やコーノ式など。ドリッパーは、手軽に購入でき、美味しいコーヒーを淹れられるのが特徴です。しかし、美味しいコーヒーを淹れるために最も大切なことは、コーヒー豆の品質と鮮度であり、道具ではないことをお忘れなく。

ドリップコーヒーの淹れ方
ドリップコーヒーの淹れ方

Not So Fine, Neither So Coarse

細かすぎず、粗すぎず・・・

美味しいコーヒーを作るための3つ目の要素は、粉の粗さです。粉の挽目が細かいほど、成分が溶け出しやすくなります。細かすぎず、粗すぎない挽目を、道具に合わせて選ぶ必要があります。美味しいコーヒーを淹れるには、粉の挽目と抽出時間にバランスが取れていないといけません。HarioV60のような大きめの一つ穴ドリッパーでコーヒーを抽出するには、中挽きが適しています。小さい穴の台形ドリッパーで淹れる場合は、少し粗目が適しています。今使っているドリッパーの種類(穴の大きさ)に適したコーヒー挽目かどうか、見てみてください。これがコーヒーの風味を最大限に引き出す唯一の方法です。さて、お次は・・・

Not Less, Neither More

少なすぎず、多すぎず・・・

さて、コントロールしなければならない4つ目の要素は、コーヒーと水の比率です。香り立つ美味しいコーヒーを淹れるには、水15に対しコーヒー1の比率が理想です。 言い換えれば、作りたいコーヒーの量(ml)を15で割れば、必要なコーヒーの量(g)が出てきます。また、コーヒーの粉の量を加減することで、自分の好みに合った味に仕上げることが出来ます。ただし、±10%以上加減するとコーヒーのおいしさを損なう可能性があるので、ご注意ください。 今度は、おいしいコーヒーをいれるためのステージ設定について話しましょう。

ドリップコーヒーの淹れ方
ドリップコーヒーの淹れ方

What Do You Need to Make a Delicious Drip Coffee?

必要な物は?

美味しいコーヒーを淹れるために必要な5つ目の要素は、お湯の注ぎ方です。 コーヒーを淹れる最も簡単で効果的な方法を説明しましょう。 この方法はとても簡単ですが、いくつかの重要なポイントに注意しなければなりません。まずは、コーヒーレシピをチェックしましょう。 コーヒーカップ(150cc)に必要なのは: 材料 水、200cc(55cc余分) 中挽きの最高品質のコーヒー、10g 道具: 注ぎ口の細いケトル(やかん) デジタル量り V60ハリオドリッパー V60対応白紙フィルター(*) カップまたはマグ タイマー(スマートフォンでも可能)   (*)ブラウンフィルターは、コーヒーにフィルターの味が残る恐れがあります。ブラウンフィルターのように未漂白のフィルターを使用する場合は、事前にお湯をかけ洗浄することをお勧めいたします。

Let’s Master The Pour Over Technique

ドリップコーヒーの淹れ方をマスターしましょう。

1. 量り、コーヒーカップ、ドリッパー、ペーパーフィルターの順にを準備します。挽いたコーヒーをフィルターに入れます。この時、表面が平らになるようにします。

ドリップコーヒーの淹れ方-写真17.1
ドリップコーヒーの淹れ方-写真18.1

2. 量りをゼロにし、タイマーをスタートさせます。ゆっくりと20gのお湯を注ぎます。できれは、5秒以内に20g注ぎきり、コーヒーの表面をもれなく濡らします。

3. 15秒間待ちます。この時、コーヒーの粉が膨らみます。15秒~ 20秒後に再びお湯を注ぎはじめます。 ※重要:必ずお湯をドリッパーの壁から1cmほど離してください。最初の5gのお湯はフィルターにかかっても構いませんが、その後は、紙フィルターやドリッパーの壁に熱湯をかけないことが重要です。

ドリップコーヒーの淹れ方-写真20.1
ドリップコーヒーの淹れ方-写真21.1

4. ゆっくりと外側から中心に向かって、またはその逆に円を描くようにコーヒーにお湯を注ぎ続けます。60秒以内で170gのお湯を注ぎきります.

5. 全て注いだコーヒーを落とします。完成です! ドリップコーヒーを作る最もシンプルで最高の技術。

ドリップコーヒーの淹れ方-写真22.1
ドリップコーヒーの淹れ方

Keep This in Mind

この大切な事を忘れないで下さい

ただし、もう一度、思い出して下さい! おいしいコーヒーを淹れる一番のコツは、技術でも道具でもありません。以前述べた様に、新鮮で良質の素晴らしいコーヒー豆を使用することです。道具がどれほど優れていても、品質の悪いコーヒー豆を使ってしまうと、結果は必ず失敗です。しかし、新鮮で良質の素晴らしい豆を使用すれば、いつでも美味しいコーヒーを入れることができます。 今度は私がどこでこのコーヒー豆を手に入れるかお教えしましょう!

This Is What We Have To Offer To You

美味しいドリップコーヒーを飲みたい方へ

おすすめの3つの最高品質のコーヒーをお教えしたいと思います。これらは、 ケニア、エチオピア、中米のコーヒーで、世界的に最も有名なコーヒーの産地です。各30kgしか入手することが出来ませんでした。これらのコーヒーは、自動車界でいえばフェラーリといえる、コーヒーです。ぜひこのチャンスをお見逃しなく!甘味とフルーティーな風味を最高に引き出すために、各コーヒーの焙煎度を細かく調整しました。 きっと、あなたが今までで飲んだコーヒーの中で忘れられないコーヒーとなるでしょう!

ドリップコーヒーの淹れ方-写真23

初回限定お試しセット

一度限りの特別なご提供です。 コーヒー豆300g(3種類x100g = 300g)を、1980円でお試しできます。送料は無料です。また、商品への自信と、お客様へコーヒータイムを楽しんでいただきたいという想いを、「リスクフリーオファー」というサービスにしました。飲んでみて気に入らなかった場合は、商品到着3日以内にご連絡いただければ、注文をキャンセルいたします。もちろん、お支払いは発生しません。気に入っていただいたお客様だけに、郵便局やコンビニエンスストア等でお支払いいただける請求書をお送りします。キャンセルを希望される方は、ご連絡後、商品を弊社までお送りください。送料はお客様負担とさせていただきます。今回のご提供は、数量限定商品です。忘れられないコーヒーを体験したい方は、今すぐご注文を。この素晴らしい3種類のコーヒーをお試しできるチャンスです。ぜひ、このチャンスをお見逃しなく!

お客様より

“ジニスのコーヒーは、まず香りがとても良い!そして、以前までは、コーヒー=苦いものと考えていたけど、その考えを180度変えてくれたのがジニスのコーヒー!淹れたてではなく、少し冷めたくらいで飲むとより一層コーヒーの味がしっかり味わえます。もう他のコーヒーは飲めないです。”

“コーヒーってこんなに美味しいんだと感じました。入れ方が指南されている説明書の通りやってみてよかったです。まだ飲み始めたばかりですがすぐなくなりそうです。”

“これが噂に聞いたことがあるスペシャルティコーヒーの味なのですね! 1000円とか払ってのむカフェのコーヒーよりか美味しく感じたのは気のせいでしょうか。”

“いままで、いろんなお店のコーヒー豆を購入しましたが、ジニスさんのコーヒーが一番美味しいです。”

“おいしいコーヒーによくつけられている「スペシャルティーコーヒー」。高品質な豆で素晴らしい風味を持っていて、飲んでおいしいコーヒーという意味で使われることが多いようですね。そういった意味を知り、さらにこのお店の珈琲はスペシャリティーコーヒーの最高峰だと感じます。”

“スーパーに売ってるスペシャルティコーヒーを買ったりしてましたが味のレベルが全然違いました。味の雑味などがまったくありません。スペシャルティコーヒーでもここまで味が違うのは驚きです。スペシャルティコーヒーだから美味しいというわけでもないんだなというのを、このコーヒーを飲んで感じました。”

* Amazon のジニスコーヒーのレビューです。

ドリップコーヒーの淹れ方-写真24

レッドマウンテン

ドリップコーヒーの淹れ方

ジニスのコーヒーとして選んだ理由

ケニアのコーヒーは、シトラス系のトロピカルフルーツ(パッションフルーツやパイナップル)または、ベリーフルーツ(ブラックベリーやカシス、ブルーベリー)のしっかりとした風味を楽しめます。また、素晴らしいケニア産のコーヒーは、フルボディの口当たりと強い甘味、フルーティーなバランスの良い酸味が他にはない程素晴らしく、飲まずにはいられない程です。 レッド・マウンテンは、パッションフルーツの素晴らしい香りと風味、そして甘みと酸味のバランスの良さが大変気に入り、ジニスのコーヒーリストに加えました。また、ケニアのコーヒーには珍しいリン酸があることにより、スパークリングワインを口に含んだような感覚が楽しめます。 鋭い味覚を持っている人さえ驚かせるようなコーヒー『レッド・マウンテン』は、きっとあなたのコーヒータイムをより素敵にしてくれると思います。

このコーヒーを飲むべき理由

レッドマウンテンのコーヒーは、このコーヒーが持つ特徴を印象的に表現してくれます。しっかりしたフルーティーな香りは、風味のパレートが始まる前の余興のようです。香りの後、パッションフルーツやグレープフルーツのようなシトラスの風味とダークチョコレートの風味のパレードが始まります。黒糖を想わせるような甘味とバランスの良い適度な酸味。ベルベットのような口当たり。忘れられない経験を与えてくれるのコーヒーです。

おすすめの組み合わせ

チョコレートケーキやチョコレートムース、洋酒の入ったお菓子など、しっかりした味のお菓子。ベリーフルーツ、柑橘系の果物、チョコレートが入った甘いパンやパイ、マフィンとの相性も良いです。また、カカオ含有率 75%までのダークチョコレートにもおすすめです。

おすすめの飲み方

レッドマウンテンのコーヒーは、濾過式(ペーパードリップ、ネルドリップ、ケメックス)にも、煎じて濾過する方法(フレンチプレス、エアロプレス、クレバー、サイフォン)にも、おすすめです。濾過方式は、風味をよりクリーンに感じ、適度なコクを感じます。煎じてから濾過する方式は、風味の強さとしっかりしたコクを感じます。エスプレッソにすると、ダークチョコレートのしっかりとした風味とベルベットのような口当たりが楽しめます。また、カフェオレやカプチーノなどミルクを入れるドリンク。アイスコーヒーやコーヒーゼリーにもおすすめです。

イルガチェフェ・コチャレ

ジニスのコーヒーとして選んだ理由

エチオピアのコーヒーは、まさに貴重な宝石です。エチオピアの森の中に存在する野性原種が持つ、他の品種にない素晴らしい美味しさがあります。イルガチェフェの地名で知られるこのコーヒーは、ジャスミンのようなフローラルさ、ベリーフルーツ(ラズベリー、ブルーベリー、イチゴ、レッドカシス)またはストーンフルーツ(桃、アプリコット)を想わせる風味があります。イルガチェフェ・コチャレのコーヒーは、これまで出会った素晴らしいコーヒーの中の 1つです。薫り高く、赤いバラを想わせるエレガントかつデリケートな風味をぜひ味わっていただきたくて、ジニスのコーヒーリストに加えました。

ドリップコーヒーの淹れ方

このコーヒーを飲むべき理由

ローズテイーのような素晴らしいコーヒーです。エレガントでフローラルな香りが、ラズベリーやカシス、赤いバラのアーチをくぐるような感覚を与えてくれます。デリケートな酸味が、甘味とまろやかさをより一層引き立て、ミルクチョコレートやカラメルの後味がこのコーヒーの余韻を楽しませてくれます。このフローラルな香りとエキゾチックな風味は世界中のコーヒーファンを虜にし、コーヒー界のルイ・ヴィトンのような存在となっています。

おすすめの組み合わせ

イチゴやブルーベリー、アプリコットがベースのお菓子。例えば、ショートケーキ、チーズケーキ・マフィン。ベリーフルーツやリンゴ、カスタードクリームが入ったパイや甘いパンにも良く合います。白あんが入った和菓子や苺大福にもおすすめです。

おすすめの飲み方

ペーパードリップ、ネルドリップ、ケメックスの抽出方法がおすすめです。これらの抽出方法は、イルガチェフェ特有のフローラルかつベリーフルーツを想わせる香りと風味がよく表れます。できればミルクは入れず、ストレートで楽しんでいただきたいコーヒーです。またエスプレッソに使っても、レッドフルーツとカラメルの風味、ベルベットのような口当たりを楽しんでいただけます。フルーティーなアイスコーヒーを作りたい時にもおすすめです。

プラン・デル・ガヤボ

ドリップコーヒーの淹れ方

ジニスのコーヒーとして選んだ理由

グアテマラのコーヒーは、香りと風味が豊かでとてもエレガントです。柑橘フルーツ(オレンジ、レモン、パイナップル、パッションフルーツ)やトロピカルフルーツ(パパイヤ、マンゴー)、ストーンフルーツ(サクランボ、桃、アプリコット)、その他ブドウやリンゴなどを想わせる風味が楽しめます。標高が高い場所で生産されるグアテマラコーヒーの酸味の質は、一般的に多いクエン酸ではありません。クエン酸より甘味やまろやかさを感じられる、乳酸やリンゴ酸が含まれています。ベルベットのような適度な重みとがある口当たりも、グアテマラのコーヒーの美味しさを引き立てます。 『プラン・デル・ガヤボ』は、パカマラ種100%のコーヒーで、その素晴らしさを楽しませてくれるのでジニスのコーヒーに選びました。パカマラは、中米以外ではほとんど栽培されていない品種です。パカマラ種特有の柑橘系の香りと風味が、甘味と乳酸のによって引き立てられています。コーヒーが苦手な方にもおすすめしたいコーヒーです。

このコーヒーを飲むべき理由

パイナップルのような香り、ほのかにパッションフルーツの香り。風味は、シトラス系のお茶を思わせます。しっかりとした甘味がコーヒーのフルーティーさを引き立て、乳酸の存在がコーヒーの口当たりをまろやかにしてくれています。シトラス系の爽やかな風味に、口当たりの軽さがぴったりです。風味が豊かな中米らしい素晴らしいコーヒーです。この風味の体験を、ぜひお見逃しなく。

おすすめの組合せ

フルーティーなこのコーヒーにぴったりなのは、果物(特に、イチゴ、桃、メロン)が入ったショートケーキ。他には、柑橘フルーツ(レモンやパイナップル、パッションフルーツ)のムースやゼリーにもぴったりです。果物が入ったショートケーキ。特にイチゴ、桃、メロン、ブドウがおすすめです。他には、果物が入ったゼリーやムース。レモンやパイナップル、パッションフルーツ等の柑橘系の果物がおすすめ。ラズベリーやアプリコット、リンゴやオレンジのジャムを添えたスコーンにもよく合います。

おすすめの飲み方

ドリップ(ペーパー、ネル)やケメックスで淹れて飲むのがおすすめです。このコーヒーが持つデリケートなシトラスの風味をよりクリーンに楽しめるからです。ミルクや砂糖は入れず、ブラックで味わっていただきたいコーヒーです。

初回限定お試しセット

一度限りの特別なご提供です。 コーヒー豆300g(3種類x100g = 300g)を、1980円でお試しできます。送料は無料です。また、商品への自信と、お客様へコーヒータイムを楽しんでいただきたいという想いを、「リスクフリーオファー」というサービスにしました。飲んでみて気に入らなかった場合は、商品到着3日以内にご連絡いただければ、注文をキャンセルいたします。もちろん、お支払いは発生しません。気に入っていただいたお客様だけに、郵便局やコンビニエンスストア等でお支払いいただける請求書をお送りします。キャンセルを希望される方は、ご連絡後、商品を弊社までお送りください。送料はお客様負担とさせていただきます。今回のご提供は、数量限定商品です。忘れられないコーヒーを体験したい方は、今すぐご注文を。この素晴らしい3種類のコーヒーをお試しできるチャンスです。ぜひ、このチャンスをお見逃しなく!